自費出版の流れ

出版社を利用する

出版社を利用する

出版社を利用する 商業用の書籍ではない、自分史や自作の詩集などを出版できる自費出版は、非常に便利なものです。自費出版をする際に利用できる出版社は、数多くあります。代表的な出版社では、商業ベースの単行本や新書も数多く出版しており、事業の一環として、自費の出版も受け付けています。
このような有名なところでは、一般的には、書籍を作成するだけではなく、流通や広告のサポートに関しても、依頼することが可能です。
しかし、料金は高くなる傾向があります。

他の出版社としては、自費出版を専門にしているところもあります。
また、印刷会社と連携しており、レイアウトや製本など、製作面を得意としているところもあります。
これらのようなところは、出版費用は安くなる可能性がありますが、流通や広告、マーケティングなどは著者自身が行う必要がある場合がほとんどです。
自費出版を依頼できる企業は、数多くあります。
しかし、各企業によって得意分野と苦手分野があるので、事前にリサーチしておくことが必要です。

自費出版で出版社選びはどれぐらい重要?

自費出版で出版社選びはどれぐらい重要? 近年では、自分の趣味の世界を形に残し多くの方に知ってもらいたいと本を出す方が増えています。その中のひとつに自費出版と呼ばれる形があります。しかし、出版業者によって費用や仕上がりが大きく異なるばあいもあり慎重に選ぶ事が重要となります。
お金に糸目を付けない方であれば、大手出版社に頼む事も可能で市販されている書籍と変わらない仕上がりが期待できます。
社会的な信用もある出版社であれば立派な本が出来ますが、大手出版社の冠を掲げる以上は内容の審査も厳しく断られる可能性があります。
そこで、敷居が少し低くてそれなりの仕上げが期待できるのが、自費出版専門業者があります。
全国に相当の数の出版社があり新聞広告の掲載やネット検索でも調べる事ができます。
会社によって費用や仕上がりが大きく異なる事もあるので、見積もり依頼やこれまで手掛けた見本や資料を見せてもらう事も重要です。
業者による良し悪しを見極める為にも、担当者との話し合いや情報収集は時間をかけるのも大切です。

Copyright © 2017 自費出版の流れ all rights reserved.