自費出版の流れ

費用が決まるポイント

費用が決まるポイント

費用が決まるポイント 商業や共同といった方法ではなく、自費出版の場合は、全額負担しなければならないです。
ただし、やり方によってはその金額にかなりの差が出るため、何にいくらかかるのかを知っておくと良いでしょう。
まず、費用が決まる大きなポイントは、何と言っても発行部数です。
どのような会社に依頼するのかにもよるのですが、10冊程度であれば数万円で自費出版が可能な場合が多いです。
しかし、1万部やそれ以上といった大量の発行を検討しているなら、数百万円は覚悟しなければなりません。
もしも多く刷りたいが、できるだけ費用を抑えたというのであれば、出版社ではなく印刷会社に頼んでみる方法もあります。
ただ、安く済む反面、印刷するのがメインの会社なので、校正やレイアウトなどといったことをしてもらえない可能性が高いです。
逆に多少は費用がかかっても良いなら、出版社にしておく方が良いです。
有名な企業から自費出版すると、それだけで本屋さんに置いてもらえるかもしれないからです。

低コストで自費出版をするコツ

低コストで自費出版をするコツ 低コストで自費出版をするコツですが、部数を絞るというテクニックがあります。
冷静に考えてアマチュア作家の作品が、いきなり最初から空前絶後の大ヒットになる事はありません。
部数を平均以上に刷ってしまうと、コストが掛かります。
また在庫を保管する維持費や場所も掛かります。
初めて自費出版をする時は、あえて部数を最小限に絞り込んだ方が低コストで始められますし、後で在庫の山に悩まされずに済みます。

また、部数を極力少なくしておく事で、人気にじわじわと火がついた時、世間に対して「あのアマチュア作家の作品は入手困難」という印象を上手く演出する事ができ、追加で刷る場合に、より大きな需要が見込まれます。

低コストで自費出版する他のテクニックですが、紙の質を下げたり、あるいは本のデザインを簡素にする等、物理的にコストを省く方法もあります。
人気小説家の本などは、ユーザーに対して所有する満足感を演出するために、非常に豪華なデザインで製本されます。
しかし、自費出版の場合であれば、デザインや紙質は簡素でも十分です。

Copyright © 2017 自費出版の流れ all rights reserved.